カラーテクニック・スライシング

カラーテクニック・スライシング

カラーテクニックの中に、スライシングというものがあります。こちらも、カラーにより立体感を出したり動きをつけたりするためのテクニックです。
ウィービングと同じようなテクニックなのですが、少しだけ要領が違います。
カラーでハイライトやローライトを入れるときに、髪を薄い毛束にとって、その部分だけカラーを載せるテクニックです。チップがミリ単位の細かい毛束ならば、スライシングではスライス・面での毛束です。
ウィービングが細かい筋でカラーが入ることに対し、スライシングでは面で色が入ります。そのためウィービングより立体感や色味をより強調することができます。
カラーを入れていくスライス・面を頭の全体のあちこちに入れていきます。ローライトで入れる場合は、すこし厚めに毛束を取ります。
ショートやボブなど、短めの髪により効果的に使うことができます。すこし変わったカラーテクニック、あなたも試してみませんか?

カラーテクニックの中に、スライシングというものがあります。こちらも、カラーにより立体感を出したり動きをつけたりするためのテクニックです。

 

ウィービングと同じようなテクニックなのですが、少しだけ要領が違います。

 

カラーでハイライトやローライトを入れるときに、髪を薄い毛束にとって、その部分だけカラーを載せるテクニックです。チップがミリ単位の細かい毛束ならば、スライシングではスライス・面での毛束です。

 

ウィービングが細かい筋でカラーが入ることに対し、スライシングでは面で色が入ります。そのためウィービングより立体感や色味をより強調することができます。

 

カラーを入れていくスライス・面を頭の全体のあちこちに入れていきます。ローライトで入れる場合は、すこし厚めに毛束を取ります。

 

ショートやボブなど、短めの髪により効果的に使うことができます。すこし変わったカラーテクニック、あなたも試してみませんか?