カラーとパーマ同時施術が可能?ケラチンパーマとは?

カラーとパーマ同時施術が可能?ケラチンパーマとは?

一般的には、カラーとパーマを同時に行うと髪へのダメージが深刻になってしまうという理由から、パーマとカラーは1週間から2週間程度日にちを空けて行われます。髪の状態とオーだーによっても違ってきますが、パーマを先にかけて数日後にカラーをするというのがごく一般的な方法です。
しかし、そんな常識をも覆す新しいパーマが登場しました。パーマでのダメージが少ないため、パーマとカラーを同時に施術できてしまうという画期的なアイテムです。その代表的なものにケラチンパーマというものがあります。
ケラチンとは、私たちの細胞を構成するたんぱく質の一種であり、髪の毛の主成分でもあります。そのケラチンがパーマ液の成分として含まれているため、ケラチンを補給しながらパーマをかけることができる、言い換えればダメージを修復しながらパーマをかけることができるパーマなのです。
ふわふわっとした質感のパーマを作り上げることができます。

一般的には、カラーとパーマを同時に行うと髪へのダメージが深刻になってしまうという理由から、パーマとカラーは1週間から2週間程度日にちを空けて行われます。髪の状態とオーだーによっても違ってきますが、パーマを先にかけて数日後にカラーをするというのがごく一般的な方法です。

 

しかし、そんな常識をも覆す新しいパーマが登場しました。パーマでのダメージが少ないため、パーマとカラーを同時に施術できてしまうという画期的なアイテムです。その代表的なものにケラチンパーマというものがあります。

 

ケラチンとは、私たちの細胞を構成するたんぱく質の一種であり、髪の毛の主成分でもあります。そのケラチンがパーマ液の成分として含まれているため、ケラチンを補給しながらパーマをかけることができる、言い換えればダメージを修復しながらパーマをかけることができるパーマなのです。

 

ふわふわっとした質感のパーマを作り上げることができます。