ローライト・ハイライト使い分け方

ローライト・ハイライト使い分け方

カラーテクニックの中でもよく使われるのはハイライトとローライト。これらがどう違うのかを簡単に説明いたしましょう。
ハイライトというのは、ベースのカラーより明るい色を部分的に入れていくテクニックのことの言います。逆にローライトは、ベースの色より暗い色を部分的に入れていきます。
そうすることによってハイライトの場合は、より明るく立体的な印象を作ることができます。根元が延びてきてプリンになるという心配がないため、カラーリングを長持ちさせたいときに有効的です。
逆に、ローライトは明るくなりすぎた髪をすこし落ち着かせる方法として有効です。すこしシャープな印象にすることができます。いきなり黒く染めなおしてしまうと、次に明るくすることが難しくするため、ローライトを入れて少しずつ色を入れてどんどん暗くすることに対応することができるようになります。
一気に大きな変化をすることに抵抗のある人におすすめのテクニックです。

カラーテクニックの中でもよく使われるのはハイライトとローライト。これらがどう違うのかを簡単に説明いたしましょう。

 

ハイライトというのは、ベースのカラーより明るい色を部分的に入れていくテクニックのことの言います。逆にローライトは、ベースの色より暗い色を部分的に入れていきます。

 

そうすることによってハイライトの場合は、より明るく立体的な印象を作ることができます。根元が延びてきてプリンになるという心配がないため、カラーリングを長持ちさせたいときに有効的です。

 

逆に、ローライトは明るくなりすぎた髪をすこし落ち着かせる方法として有効です。すこしシャープな印象にすることができます。いきなり黒く染めなおしてしまうと、次に明るくすることが難しくするため、ローライトを入れて少しずつ色を入れてどんどん暗くすることに対応することができるようになります。

 

一気に大きな変化をすることに抵抗のある人におすすめのテクニックです。